小野田商工センターの向かい、土日も営業

美しい姿勢を取り戻し、快適に楽しく過ごせるように

山口県山陽小野田市中央2丁目1-1

0836-81-2935 予約優先制

休診日
祝日(不定休)
受付時間
午前 8:00~午後 19:00 時間外はご相談ください

なぜ肩こりはマッサージを受けても治らないのか?

   

肩こりの時、思いっきりグリグリと押したり揉んだりマッサージしてもらいたいですよね?

私も以前は、マッサージに良く行き、「イタ気持ちいいなー」ち思っていたので気持ちは分かります。しかし、この「イタ気持ちいいなー」という感覚は、実は、このときパンパンに張った筋肉の繊維や膜が痛んでいるのです。そこで今回は、肩こりは、マッサージを受けても治らない理由についてご紹介します。

肩こりは、マッサージに行けば行くほど凝りやすくなる

押したり揉んだりして強いマッサージを受けると、筋肉の繊維や膜が破れてしまいます。しかし筋肉が少し柔らかくなるので、パンパンに張っていた筋肉が解放された感じがするのです。

これが痛いけれど気持ちいい、「イタ気持ちいい」という感覚を生み出しているのです。

でも、実際は、筋肉の繊維と膜を痛めているのですから、痛みが残ります。

強い刺激のマッサージを受けると翌日に痛みがでる、いわゆる「揉み返し」があるのは、筋肉のせいが痛んでいるからです。

筋肉の繊維や膜は、傷がついたら、そこが修復されます。しかし、痛めた筋肉の繊維や膜が再生するときは、以前よりも硬くなります。ですので、マッサージに行けば行くほどほど、肩の筋肉はますますガチガチになってしまうのです。

肩こりを治すのにマッサージはお勧めできません

ほとんどの方は、「肩こりは強めのマッサージをしっかりしてもらうと楽になるだろう」と考えています。違うのです。肩こりの原因を取り除かないで、強めのマッサージを受けると筋肉を痛めつけているのと同じなのです。さらに言えば、筋肉の繊維や膜が痛むのが続くと、元に戻りずらくなり慢性的な痛みになってしますのです。

当整体院は、何が原因で肩こりが起きているのかを丁寧な問診と検査で見極めた後、ソフトな施術で改善していきます。なかなか肩こりの原因が分からず悩んでいる方は、一度、専門家に相談されることをおすすめします。何事も早めの治療が大事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0836-81-2935