小野田商工センターの向かい、土日も営業

美しい姿勢を取り戻し、快適に楽しく過ごせるように

山口県山陽小野田市中央2丁目1-1

0836-81-2935 予約優先制

休診日
祝日(不定休)
受付時間
午前 8:00~午後 19:00 時間外はご相談ください

腰痛が楽になる歩き方を知りたくありませんか?

腰痛は、歩き方を少し変えるだけで改善しますよ。

腰痛の方の歩き方をチェックすると、歩き方がスムーズではないです。
例えば、大股歩き、足をするような歩き方などはかえって悪くなります。

せっかく治療を受けても、足腰に負担のかかる歩き方をしていると腰痛になりやすいです。

では、どうしたら、あなたの歩き方は変わるのでしょうか?
そこで、今回は、足腰に負担が少ない歩き方についてご紹介します。

最も気をつけるべき点は、つま先の向きです。


人間が自然に立った状態では、つま先が60度ほど開いています。
つまり、その角度で歩くのが自然で無理のない歩き方なのです。

まず、つま先を、しっかり上げるようにして足を出します。
かかとから着地する際に、それぞれ30度ほど外側に向けることが大事です。
また前側への体重移動は、下腹を前に突き出すようにして、親指で地面を蹴って移動します。

この様に歩けば、体重は、「かかとの小指側~親指の付け根~親指の先」と移動します。
足の裏にバランスよく体重がかかると、足腰に負担が少ないスムーズな歩き方になります。

さらに、つま先を開くとヒップが引き締まります。
ヒップが引き締まると、自然と背筋が伸び、膝が伸び、歩いているとき疲れません。

その結果、腰痛の緩和、脂肪燃焼身効果、そして血行が良くなることによる肩こりの解消も期待できます。

正しい歩き方をマスターするには、自分ひとりでは難しいです。
以外と自分の歩き方は、人から指摘されないと分からないものです。

当院は、施術の後に歩き方のチェックと指導に力を入れています。

もし自分で歩き方をマスターできない方は、一度専門家ご相談されることをおすすめします。
何事も早めの対策が大事ですよ。

0836-81-2935